やっぱり三日坊主

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

1月の本:ジュラシックパーク

長らく読書から遠ざかっていましたが、今年の目標の1つは「一ヶ月に一冊以上本を読む」としました。

今月の本:「ジュラシック・パーク
作者:マイクル・クライトン
読書期間:1/16〜1/18

ジュラシック・パーク(上)

ジュラシック・パーク(上)

ジュラシック・パーク(下)

ジュラシック・パーク(下)

簡単な感想:
これは映画とは別物。大人なら断然小説の方が面白い。恐竜の生態や、遺伝子操作に関する記述など詳細に語られている。カオス理論もこの物語の1番強いメッセージ(人間が生命ひいては地球をコントロールすることなど不可能、という科学至上主義に警鐘を鳴らしている)を伝えるためにうまく使われている。
これを読むと、どうしても福島の原発事故を思い出してしまう。何もかもが人間には想定外の事だった。想定外の事が起こり得て、それに今の私達は対処する術を持たない事が分かっているのにそれでもまだ原発を進めるのはどうなんだろうか。

オケで感じたショックなこと

一年間、所属のアマオケを休団してソロに専念してましたが、この前久々にオケに参加したところ、自分の音程が回りと全然合わないことに愕然!
予感はしてましたが、自分がた、たかい…。でも、私には回りがどうしても低く感じてしまうのです。

私はこの一年でだいぶソルフェージュが良くなったと思っていたのだけど(自分比ね)、逆に今までいかに音程の幅が狭かったかが今ではよくわかります。1年前の発表会の音源とか聴くと特に。
アマオケではあまり音程にシビアでない方も多いし、弦は弾いていくうちに低くなってくるし、その中で私も何にも考えずに気持ち良く吹いていました。が、今の私にはやはり、このオケは低い!とはっきり感じます。

しかし、レッスンの先生の仰る通り、アマオケは多数決の世界。私の音程は明らかに異端です。今度のシンフォニーどうしよう…と頭を抱えてしまいました。
何故なら、今度のブラ3でフルートの吹くところって言ったらほぼObか、Clか他の管とのユニゾン。そして高音。ソロはなし。 回りと合わなかったら100%悪目立ちします! 今回の目標は「とにかく地味に目立たず、周りの音に馴染ませること」にし、先生に相談し、オケでは割り切って周りに合わせる。そのための色々な変え指も教えてもらって凌ぐことにしました。先生はアマオケの応援やパート指導とかにいくときは頭部管もかなり抜くそうで、それも試してみます。
それで上手くいくと良いけどなあ。音程のことあまりに神経質に考えすぎると音が死んだようになるし、そんな音はもう出したくないし、でもあの高音をObと合わせるのかあ…とか鬱々…

それはそうと、今まで私は変え指をあまり積極的に使ってきませんでした。何となく邪道な気がして^^; 後、単純に覚えるのが面倒とか。先生に言ったら、めっちゃ使いますよ〜特にオケでは!と言われたので、これを機に色々習得してみようと思います。 しかし、オケとソロで音程を切り替えなきゃいけないの…難しすぎるう!

2018年 フルート総まとめ

まだ11月だけれど、今年はコンクールも終わり、第九も出ないのでフルート関連のイベントは終了!

■来年やりたい曲
早速来年の話ですが、ソロについては来年はモーツァルトのコンツェルトを一年かけて勉強したいと決めてます。だから、コンクールには出ません。コンクールはモーツァルトではきっと出してもらえないので。1番と2番で迷うところ。知名度でいうと2番なんでしょうが、1番の3楽章が素敵。でも2番の2楽章も美しい。発表会で1楽章、おさらい会で2,3楽章をやりたいな。
時間があれば、やってみたい曲。
* コンツェルティーノ(シャミナード)
* ファンタジーフォーレ
* スペイン(チック・コリア
* フルート協奏曲(ライネッケ)
* フルート協奏曲2、3楽章(シュターミッツ)

■楽器を変えてみようかな
そして、アンブシュアとともに、他の楽器も今検討しています。
今、ブログを見返してみたら、購入はなんともう6年前なのですね…!びっくりです。
その間にオケでいろんな曲と吹かせてもらい、そしてソロとしての技術をもっと磨きたいと思って今の先生に出会い、今、中学生の頃に次いで一所懸命練習をしています。その中で先生に言われたことから、楽器を変えても良いのかもしれない…とぼんやり考えています。
まあ、あの時の熱量を思うとちょっと考えられない心境の変化です。でもそれだけ、私のフルートの鳴らし方も変わってきたのかなということかな。 先日試奏してきたので、それはまた別の記事にて。

■アンサンブルに参加します。オケにも復帰
そして、来年はアンサンブルのオファーを頂きました。木4で、ロッシーニをやります。難しいと思うのですが、今のオケではなかなかロッシーニとかできないので楽しみです。
オケは、7月にブラ3と12月に第九が決まってます。ブラ3は、チャイコ的な匂いがして(やりにくいがおいしいソロやメロもなく割に合わない感じ)皆が敬遠し、私に回ってきたという…。
まあ、第3楽章は美しいですけれど。フルートにはその美しい旋律は与えられておらず、お休みという。
でもこの前ピンチヒッターで久々にオケに乗りましたが、録音を聴くと私の音程が前に比べると少し良くなってるのも分かり、あれだけソルフェージュソルフェージュ言われ続けた甲斐がありました。
そして、オケにはこれまたソロにはない楽しみがあることを再確認しました。楽しみです。

葛城山、やっぱり良いね

少し前ですが、娘と葛城山に行ってきました。なんか心を浄化したくて。

記録を辿ると、前回の山登りは立山?全然登ってませんでした…。 娘は案の定渋ってたのですが、まあ今回はなんとかついてきてくれました。
葛城山は二回目。今年は台風があったりなんかしていけるかな、と思いましたが尾根周りのコースは大丈夫そうだったので決行。この日は快晴で山登りにはうってつけの日
記憶にはなかったのですが、大尾根コースは前半が急坂が多く結構耐えないと行けません。ぐずり、泣く娘をなんとかなだめすかし中盤を過ぎると少し緩やかになり、ところどころ眺望を楽しめる箇所も。娘もこのころから余裕が出てきました。

全体的にコースとしては、急坂あり、眺望あり、緩やかな山道もあり、岩潜りもありと割とバラエティに富んでいて飽きないと思います。 頂上からの眺めも申し分なく(山頂の眺望が悪い山も結構ありますからね)、この季節はススキが生い茂ってキラキラしてたし、いい山だなと再認識しました。
今回は台風でダメでしたが、滝を見ながらのコースもあるし、行きと帰りで違う道で帰れる・またはロープウェイで楽して帰るのもアリです。

いつもながら、愛用の山専ボトルに入れたお湯で山頂のカップヌードル、最高でした!山はやっぱり癒されます〜(*´-`)


途中で開ける眺望

緩やか?な階段道(階段はしんどい)

頂上からの景色!

ススキがきれい

シュターミッツのフルートコンツェルト

一次が何とか通ったため、二次の曲に取り組んでます。とは言え、この半年ほぼバッハに費やしてきたため、本番まで後2回、うまくいけば3回のみのレッスンです。 初めの部分は何となくいけるかな、と思ってましたが、細かいところをたくさん指摘されました。 アンブシュアなどを気にしすぎると、フレーズが細切れになりがちです。1つの大きなフレーズを意識して吹かないと。 私の苦手なダブルタンギングも地道に練習を続けるしかない。音程も油断するとすぐに悪くなるし、気をつけないといけない事が多すぎる! でも、ピアノとの合わせを想像するとすごい楽しい。それまでにもっといい演奏ができるように頑張ろう。 そうそう、11月にはオケのピンチヒッターとして第九の練習に参加するんでした。これも久しぶりなので楽しみですが、みんなと音程合うかなあ…今の私、オケと比べるとかなり高めな気がするので…

9月8日 レッスン

来週本番ですが、一回もエチュードを吹かずに終わったという… でも、それ以上のことを学べたし、エチュードをさらうことについては先生が私を信頼してくれているということなので、今日教えてもらったことをなんとか本番で実現できたらいいなと思います。

レッスンの初めからずっと言われているのですが、やはりアンブシュアの穴がひしゃげてると。ほそーいストローを咥えたり、口笛を吹くと穴が縦に開く感じ、その感じを覚えて欲しいと。 こうすると、腹から来た息がダイレクトに吐き出される感じになって、今の私ではなかなか息が続きませんが、そこで腹を張る、支えると楽になります。低音はやはり難しい。 そして息は下方向に入れる。でも下を向かない。息だけ。 これが、習い始めの時はイメージも湧かなかったし、この通りにすると全く音が鳴らなかったのですが、今、少しこれがこういうことなのかなと感じる音を少し出せるようになってきたかな。この感じが、曲でもできるようになったら嬉しい。

そう、11月、オケの方で第九の代吹きができるようになったので楽しみ!でもオケとピッチあうかなあ…だいぶ自分が高いように感じるのでちょっと心配です。

色移りしたブラウス その後

前回の日記で、ユニクロのVネックドレープブラウスが、私の洗濯放置プレイにより薄い水色に染まってしまった話をしましたが、それがこちら。

それで、安かったし諦めようと思ったのですがキレイ目、お手入れ簡単でとても便利だったので復活させられないかとネットのお世話になって、下の記事を参考にやってみました。

そして、漂白後の服。ジャジャン! 元に戻った!

ハイドロハイターというのは初めて聞きましたが、近所の大型ドラッグストアに2個だけ置いてました。ほっ。ついでに、昔ながらの洗濯糊(PVA)も見つけたので娘のスライム作り用に購入。 また、私は色移りした服を一度乾燥させてしまったので(濡れた状態がベストとのこと)ダメ元でやってみましたが、お湯を50度程度の熱めにして、30分強放置で成功しました。 お気に入りの服を復活させられてよかったです。