やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

伊藤みどり選手のこと

少し前の話ですが、平昌オリンピックではフィギュア男子が金銀独占しました。羽生選手のジャンプも素晴らしかったけど、私の中のレジェンドは何と言っても伊藤みどり選手です。現役の頃から見ていましたが、その時はやはりジャンプにしか目がいきませんでした。

オリンピックもあり、最近YouTube と言う便利なもので過去の試合映像を片っ端から見てましたが、なんというかもう、…規格外の選手ですね。とにかく高さと飛距離のあるジャンプばかりに目が行きますが、丁寧に試合を見るとそれだけの選手では決してないことがわかります。

好きなところたくさん見つけたんですが…

  • スケーティングの速さとスキルの高さ
  • スピンの軸のブレなさ
  • 音楽と動きのシンクロが素晴らしい
  • 多彩なジャンプ(3Aだけじゃない!)

があります。

スケーティングは…今、現役選手でこんなスピードで滑る人いるでしょうか?しかも後半になっても全く衰えません。このスピードを見ると、フィギュアってスポーツなんだよな、って思います。見ていてワクワクしますね!かと思えば、片足でスケーティングしてからのジャンプ、すごい速さで入ってくるイーグルの雄大さなど、正確なスケーティング技術がないとできないこともたくさん見せてくれています。コンパルソリーがあった最後の世代の選手で、殆どの練習時間をその練習に費やしていたらしいですが、やはりそれが全ての土台になってるのかもしれません。

スピンも素晴らしいです。後ろの広告に注目すると分かりますが殆どブレません。ビールマンスピンはできなかったのだと思いますが、レイバックはとても美しく、フライングシットスピンの高さもすごい!

音楽の表現は、顔の表情や手の動きですると言うのとは違うところで、音楽にあった滑りをしていたなあと思います。他の選手だとジャンプは曲と合わせると言うより助走の事情があるのか、あまりタイミングの合わないところで飛ぶ場面もよく見られますがみどり選手は曲の盛り上がりに合わせてためてからの〜トリプルアクセル、軽快なテンポにのって、殆ど助走なしのダブルアクセルやダブル〜トリプルループなど、滑りで音楽を表現するところが好きでした。自然に溢れ出る表情は心を動かされますが曲を意識しすぎて作られた表情はあまり好きではないし、フィギュアなら、やはり滑りで表現を見たいものです。最近は女子に多いですが得点アップを狙ってジャンプをやたらタノジャンプにするなどあまり見ていて楽しめる演技は少ないなと感じています。

伊藤みどり選手はトリプルアクセルばかり取り上げられますが、それ以外のジャンプも正確に、そして曲に合わせて適材適所で取り入れてるなあと思います。ファーストとセカンドの間がほとんどないコンビネーションジャンプも初めて見たしカウンターからのアクセルジャンプなど、ジャンプの入りも多彩です。

1つ、両手を上げて飛ぶタノジャンプは他の選手でもありますが、両手を腰に当てて飛ぶジャンプをやってるのを見ましたがあれはオリジナルなのですかね?両手を上げて飛ぶよりかなり難しそう…

とにかく、オススメの動画はたくさんありすぎて選べないです…アルベールビルのフリーや、カルガリー、90年の世界選手権フリーは有名だと思うのでそれ以外で、私が好きな演技を挙げてみます。

Midori Ito 1990 Worlds SP UKTV - YouTube

★90年世界選手権ショート、ジャズをこんなに軽快に滑ってくれる選手を未だ嘗て見たことがない!ジャンプ、スピン、そして圧巻のステップ。ショートに見所ぎっしり詰まってます。最後の表情も可愛すぎる! 

伊藤みどり Midori Ito 1991 NHK Trophy - Exhibition "Over The Rainbow", "On My Own" - YouTube

★91年NHK 杯エキシビジョン。どちらも好きですが、特にOn my ownの演技で、スカートがジャンプやスピンのたびにフワフワ舞うのがとても美しかったです。しかし、当時のエキシビはショート?と思うくらいジャンプ入れてますねー!Over the rainbowでは、傘を持ってダブルアクセル!絶対難しいですよね??それを、いとも簡単にやってしまうんですよねえ。

Midori Ito 伊藤 みどり (JPN) - 1994 World Professionals, Ladies' Technical Program - YouTube

★プロ時代の演技。ジャンプは衰えるどころか益々磨きがかかります。演技のしなやかさはプロ時代の方があるなと思います。

【フィギュアスケート】 伊藤みどり 1995年 NHK杯EX - ニコニコ動画

★プロからアマ復帰初めての、ゲストとしての演技。この演技でのイチ押しは何と言っても雄大なイーグル!そう感じさせるのは長さと衰えないスピードですね。あまり女子で、こう言う演技は見ない気がします。3T-3Tのコンビネーション、3Aも飛んでます。

Midori ITO 2018 International Adult Figure Skating Competition - YouTube

★なんと、今年3回目のアダルト選手権に出られたとのこと…もう40代後半のはずですが、練習では綺麗なダブルアクセルを決められていたようですです。ジャンプなしのカテゴリでの演技でしたが、相変わらずの高速スケーティング、スピン、イーグルなどなど見所たくさん。かつて、アルベールビルオリンピックの演技前の表情は今までにみたことがないような硬さで悲愴感が漂っていました。今から思うとどれだけの重圧を背負っていたのか…それから伝説の演技後半の3Aからの表彰台、引退後紆余曲折を経てのアダルト選手権…。純粋にスケートを愛し、楽しんでいる気持ちがダイレクトに伝わってきて見ていて幸せになる動画です。

余りにも長い記事になりましたが、それだけ好きってことです。こんな選手がまた出てきてくれたらと思いますが、みどりさんはやっぱり唯一無二のスケーターなんだろうなと思います。

 

 

発表会終わり

長い間空いてしまった…

この間、ひたすら発表会の練習。自爆する可能性もありましたが、一回、発表会でどうしても無伴奏曲をやってみたかった。バッハの無伴奏パルティータ。

バロックはとても自由と言うのは私にとっては意外でした。もちろん転調部とか、ドミナント→トニックのフレーズとか、守るところはあるけど強弱記号も全くない。練習を繰り返したおかげで、やっと「こう吹きたい」と言うものができてきました。ブレスの取り方にも大変悩まされました。今まで適当に考えてきたので…。全てが勉強になった曲でした。

肝心の本番は、緊張しすぎて普段間違えるはずのない音を間違えたり色々やらかしましたが、直前のレッスンで注意されたところは気をつけることができました。

自分の音だけがホールに響くってどんな感じやろう、と思っていて、吹き始めたら落ち着くかなと思ったけどとんでもなかったです。自分の音しか聴こえないと認識した途端体が震える震える… sarabande で、やっと自分を取り戻した感じです。

絶対緊張すると思ったし、吹き間違いは絶対すると言うのも織り込んで本番に向かったつもりなのですがいやはや…吹き始めてからこんなに緊張すると思わなかった。その点では自分に負けてしまった感もあるけど、それでも大きな破綻なく全楽章吹ききれたのは練習の成果とおもいたい。

どうしよう…リベンジのチャンスはあるけど、暗譜なんだよなあ…。暗譜はできてる(はず)ですが、フルートで暗譜で演奏ってしたことない。シュターミッツもあるし少し悩みます。

今年もコンクールに出ますが、自由曲はシュターミッツのコンツェルトにします。先生曰く、コンクールの自由曲で古典はまずやらないとの事。音程とか音程とか音程とか?他にも色々とバレやすいそうです。それでも、そうなら逆にやってみたい。音程は前よりよくなってきましたが、それでもまだまだ私の課題であるからです。古典は一回きちっと学んでみたかったし、何が何でも本選に行くと言う気持ちよりはやりたい曲を選びたかったのでそうします。

今日のレッスンもケーラー1段目までで、基礎の基礎の話をみっちりされました。何回も注意されてることもたくさんあって、なかなか先は長いです。

 

 

2月4日レッスン

基礎練。音または体が硬いと言われました。自分でもわかっていて、昔から無意識に力を込めてしまうみたいです。今は、楽器を下げる(右の肘を下げる)、上半身硬いと思ったら、空中椅子しながら吹いて(これがまたきつい)上半身の力が抜けているイメージを取り戻す…など色々試みていますが、なかなか一朝一夕ではいきませんね。

ビブラートも大きな課題の一つ。先生がよく言われることの一つに「下に向かって響かせる」があります。下に下に響かせることを意識しながら、その裾野を広げるイメージ…ベクトルは下を向きながら横にもじわっと広がるイメージ?また、かけないで、変に音を震えることのないまっすぐなロングトーンも、交互に練習します。お腹で音を切ることはしない。張ったままでやります。これで八分は良いとしても、16分はとても難しい。一つの目安として、♩=120で3連符ができれば大体の曲で使えるだろうとのこと。遠い道のりです。

レッスンでは、だいたいこういうことができるのに数年はかかるねー、という言い方をされます。気の長い話です。早くそこに行き着きたい。毎日やるしかないのだけど。先がなかなか見えません。

バッハ、パルティータ。アーティキュレーションは自由につけて良いとのこと。とは言われても難しいですね。感覚的にスラーで吹いてしまうところはやはりそれが自然だからなのかな。後、先生が聴いて曲の流れが止まってしまうようなブレスは、場所を少し修正されました。この曲、とにかく「無事」に吹き切ることが非常に難しい!ブレスが続かない、つばが溜まってくるとかそういう話です。なんとか折り合いをつけるしかないと思うけど、早く良いやり方を見つけて曲に集中したいです。

この曲は、あくまでわたしのイメージだけれどラストに向かって行くにつれて、やり場のない、怒りみたいなものを感じます。パルティータは舞曲だし(でも、この曲で踊ってもらうって想定で書いたのかな、これ?)解釈が全然違うと思うけど、そう言ったどうしようもない気持ちを理路整然とした16分音符の羅列に押し込んでいるような。ただ、実際この曲自体には、数学的にすら思えるほどなんの感情も入っていないと思えるので、受け取り側の勝手な妄想になるのでしょうが…

私は言葉にできない思いを今抱えているけれども、それをこの音楽で昇華できるくらいの演奏をしてみたいです。

28日レッスン

さっそく個人練の成果を見てもらおうと、中音域を下に向かって下に割れるギリギリまで鳴らすとさっそくダメ出しが。「頭の後ろで響かせることができてない」とのこと。そう、それもこの前言われたけど、一つのことに集中するともいっこ忘れてしまうという。あくまで響く音が基本。後、右肘が上がりすぎないこと、右手は猫のような手(私は右手首がフルートにぶら下がってしまってるので、その位意識するのがちょうど良いとの事)。すると、重心が下がってそれだけで音が丸く、そして安定します。私の根本的な課題の一つは体の力をいかに抜いて吹けるか。だなぁ。

パルティータはいわゆるオーソドックスな演奏の仕方をまずは教わります。これはプレーヤーによって演奏の仕方が本当に違うけど、ポイントを押さえればパターンなんだそう。この曲はどんどん転調していくので、それをアグレッシブに吹くのか?緩んで吹くのか?それを曲の中で意識して吹くのが良いようです。

また、こういう事を意識して吹くには、暗譜が必要とも… そうだよね、この曲暗譜しないとちゃんとは吹けないよね〜!でもなかなか頭に入ってこない…やはり転調部分でつまづきます。曲を聴きこんで、また暗譜で歌えるようにならないとなー。この転調、転調で曲が生き生きと動きだすのを感じると、柄にもなく興奮してしまいました。この曲すごい!って。でも、難しいのはわかってたけど思ってたよりずっと難しそう!間に合うのかなってちょっと心配になるくらい。

ちなみにパルティータは舞曲らしいけど、これで踊るダンスってどんなんか想像つきませんね。でもYouTubeにはありました。いわゆる現代のダンスとはだいぶ違いますが…。

コンクールは第九との兼ね合いもあるけれど、本番には多分被らないと思うので出ることにします。でもいわゆるコンクール向け、の曲にあまり食指が伸びないので何を吹いたらいいのかなと悩んでました。むしろ本選狙いでなくてもいいからモーツァルトやシュターミッツをやってみたいと思い切って相談したら、いいと思うよ!どの先生のお言葉。流石にモーツァルトは難しいから、シュターミッツがいいと思う、勉強にすごくなると思うとのこと。

モーツァルトの協奏曲って難しいっていうけど、どういうところなんやろう?もちろん難しいけど、イベールとかゴーベールとかタファネルのなんちゃらとかに比べると超絶技巧的なものはない気がしますよね。私の思いもよらないところが難しいんやろな。でも、モーツァルトはこのコンツェルトを金持ちのアマチュアフルート愛好家に書いたというし…。奥が深いんでしょうねえ。発表会やったらできるかな。

 

さっそく買った

昨日、旦那さんのお見送りついでに新大阪まで行ったので、ムラマツによって無伴奏パルティータの楽譜を買いました。オーソドックスにベーレンライター版を買ったけど、独学でレッスンするなら全音パウル・マイゼン編のやつが助けになるかもしれないと思いました。それは無伴奏チェロ組曲の編曲も付いていて、私的にはお得感満載でしたけどまずはこれを仕上げてから…

f:id:chisa-yamato:20180122075538j:image

改めて見ると、強弱記号も何も付いてないですね…。これから、しばらく毎週おきにレッスンなんで、どんな風にレッスンが進んでくのか楽しみです!

今年初めのレッスン

久々のレッスン。挨拶の後、さっそく前々から先生がやるよと言われていたクロイツェル・フルート・エチュード という本を受け取りました。元々はバイオリンエチュードの本を、パウル・マイゼンがフルート用に書き直したもののようです。いずれ息子と共用できると良いな(それまで続けてるかな)。

中音域の練習・高音域の練習・pの中でのダイナミクスの付け方・ポリフォニックな奏法をこの本から勉強できますという説明を実演交えながら教えてもらいます。

今日のポイントは、

  • 中音域は、下に割れるギリギリまで音を出す。練習では音が実際割れてしまってもOK。但し上ずるのはNG。そうやって出せる音域を下に下に広げて行く。
  • 喉を開いて頭の後ろで響かせるイメージ。(個人的には顎が下に外れるイメージ?外れたことないけど笑)
  • 高音も低音も下に下に広げていくイメージ。ドナルドの口は、キープ。
  • pが初めから細くまとまりすぎ。pも下に広がるところから細くまとめると幅が広がる。

喉を開けて吹くのは想像以上に体力がいって、お腹も常に腹筋と背筋使って張ることが多いので、今は、とてもクロイツェルのエチュード一曲満足に吹き切ることができません(T ^ T)これらを意識すると体が硬くなってしまうことと、高音のピッチが上がってしまうみたいなのでまた修正していきます。

レッスンに行った後はまた一つ新しい扉が開く感じです。今日は曲どころか基礎の基礎しかしてないけど、可能性を引き出してもらったようで自己満足かもしれないけど楽しいです。

5月の発表会は今のところ参加で。コンツェルティーノと悩みましたが、先約があるとのことなので、一度はやってみたいと思っていたバッハの無伴奏パルティータに挑戦してみます。先生曰く、バロックはコード進行が分かりやすく、それだけにふらんすものなどと違ってそれなりに上手く聴こえさせるのが難しく、下手なところも全てバレますとのこと。その度胸が素晴らしい!と褒め言葉なんだかなんだか分からないお言葉を頂きました。それでも、先生に習ってるうちに無伴奏(というかバッハ)は一曲はやっておきたかったし、今後のコンクール対策に度胸づけも必要かなと^^;

当日楽しみに迎えられるようにしたいです!

ひさびさに編んでみる

フルートも一段落し、ようやっと編み物に目を向けられるようになりました。編みたいものリストは山のようにあるのだけどね。とりあえずこれは今シーズン中になんとかしたい!

  • 編みかけの野呂スカート
  • 数年前のVitamin Dを解いて何かに再生
  • 編みかけのピンクのセーター
  • 紺のアランベス

そして、新たなプロジェクトをcast on.

これです。元々赤いチェックのストールがほしかったのだけど人と同じような柄は嫌で。そしたらこのチェックの可愛いパターンに目が止まりました。

今色合わせを考え中。出来るだけ手持ち毛糸も使いたくて、ベースの1番使う色は内藤商事のシルクウールのベージュで。これに赤、くすんだ水色、茶色でどうだろう?手持ちの毛糸を使いたかったけど、糸の太さが違うからかボーダーがガタガタになったのでやっぱり糸は揃えるか。ゲージが同じのフェルティッドツイードは色味も豊富やし、合うかなあ?

f:id:chisa-yamato:20171109081744j:image

f:id:chisa-yamato:20171109081709j:image