やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

第九演奏会その1

昨日本番を迎えた第九演奏会。前回は初めてで何が何やら分からないまま終わりましたが、今回は、少なくとも前回のミスはしまい!と意気込みます。そして、少しでもベートーベンの魂に近づけるように…

以下、自分用の記録なので超細かいです。

第一楽章。木管がやや走ってずれる。この部分は実は練習時から気になっていたものの、合奏で指摘されることがなかったため、なんとなくまあいいかとスルーしてしまってました。そういうの、やっぱり本番ででますね。私としては響く音色を意識しましたが、第一楽章はやっぱり音があまり伸びておらず硬いです。

第二楽章。指揮者ガン見(笑)とにかく四分音符の羅列のところで走らない!ことを心がけます。普段弦を聴きながら吹くのですが、ホールではあまり聴こえなかったです。それで心の迷いが出て、この部分は前回の方が思い切って吹けたかも。この楽章は高音のpを連発するのでミスブローしないように。それでも一回くらい外してしまったかもしれません〜。2拍子になる所、ここもメロといつもずれちゃうのですが、必死に指揮に食らいつき多分、なんとかいけたと思う…。ここは暗譜必須!運指が難しいので体に入ってないとメロを聴く余裕や指揮を見る余裕がなくなります。

第三楽章。私としては1番魂を込めて吹くことができました。前半のメロは、ファゴットが少し走りがちなのですが、ここも言っとけばよかったなあ。合わせることに気が入ってしまい、歌うことに集中できなかったのが少し残念です。しかし、後半、あれだけ長いフレーズを集中して吹けたことは、自画自賛ですが良かったなと思います。音もだんだん伸びてきてアンブシュアもリラックスして吹けました。多分、前回のドボ8と共に、私の中で忘れられない体験になると思います。

第四楽章。バスチェロから始まるあのメロディまでが私的な正念場です。トランペット、飛び出しちゃって残念…!多分、当分彼の夢に出てくるでしょう。

毎回ソリストの方達の声量には驚かされますが、今回特にテノールの方が素晴らしかった。マーチの所、数十人はゆうにいる合唱を軽々と超えて朗々と歌い切り、胸が震えました。この歌声を間近(ほぼ真ん前)で聴けただけでも、今回第九に乗る価値がありましたね。フルート的にはソプラノ、アルトと絡むところが多いですが、割とインテンポで歌われるので大変合わせやすかったです。最後は指が回ってるのか回ってないのか分からないまま、怒涛のごとく終わりましたが、緩むことなく一気に走り抜けた感じで良かったなあ。

全楽章通して木管全体のピッチがやや合わないのが気になります。特に小節の頭のユニゾンであわないと、クリアに聴こえなくて残念な感じです。私は後半ちょっと高くなりがちなのかも。3楽章の頭は休みだからちょっと楽器を冷やした方が良いのかもしれません。次回はもう少し丁寧にピッチ合わせがやれるといいな。

また二年後もやるのでしょうが、またトップを吹けたらいいなと思います。

 

変わった形の

バイルでサクッと編める何かないかなあ、とラベリーをウロウロしていたら、何やら面白そうな靴下発見。

Ravelry: Speeder pattern by amippa

踵は単純に増目・減目のみで作られてるみたい。感想見ても「踵が可愛い」なんてコメントがちらほらあり、履いてみたらどんなかしら、そういえばちょうどいい毛糸がショートソックス用にあったなあ、フリーパターンだし。と興味半分でキャストオンしてみました。

 

結果。一ヶ月半ほどかかりましたよ。編み方は至極単純。理由は、通勤電車でコツコツやる予定がスマホでネットサーフィンダラダラしてたから。特に片方の終わった後の失速度といったら…。一昨日一念発起、一晩で終わらせました。

まずは着画。

f:id:chisa-yamato:20161128081940j:image

[エンベロープオンラインショップ] マノスデルウルグアイ「アレグリア」 MOORIT 糸  0.8玉くらい

Hiyahiya 1号輪針

相変わらず使い切るのが下手。スニーカーソックスくらいの丈を目指してたけど、いつものごとく適当に始めちゃって、しかもこれはtop-downだから足丈の調整きかずに、くるぶしより上になってしまいました。まあいいか。

 

 f:id:chisa-yamato:20161128082639j:image

一日履き潰した後の抜け殻で大変失礼。足型が何となく残ってます。向かって左の先の方にリブが入ってるのわかるでしょうか?これは、土踏まずにリブ入れたらもっとフィット感よくなるんぢゃ?と実験してみたもの。しかし、これも土踏まずの位置をきちんと測らなかったため、残念な結果になってます。ただ、足をキュッとサポートしてくれる感じはリブなしよりあるように感じたので、もうちょっと履き込んで検証したいと思います。

そう、手編みの靴下ってあったかいのですが、履いてるうちにどうしてもずれてきちゃいます。私の場合。これで通算4作目ですが、

1作目…ウェンディさんの靴下。2号針か3号針で。針も大きく、特に甲部分のメリヤスがゆるゆる(でもかかとはずれない)

2作目、3作目…1号針でスパイラルソックス。超簡単だけど、やはりかかとがないからか、履いてるうちにずれてくる。

4作目…今作。どうかな??

ってんで、まだ自分の理想の靴下を編めてない。これが終わったので、今度はちゃんと自分の足を計測して、理想の靴下に挑戦します!

畑で採れたミョウガ

今年の春に、菜園の片隅に植えたミョウガ。あっという間にわさわさ葉が茂り、どこからあのスーパーに並んでいるミョウガが出てくるのかワクワクしてましたが一向にその気配なし。一年目はあまりできないようなことがネットで書いてあったので今年は諦めてましたが。

いい天気の秋の日、イチゴを整理しようとしましたら、なんとワサワサ葉っぱの根元にミョウガの花が咲いてるのを発見!

f:id:chisa-yamato:20161016195803j:image

ミョウガってこんなところから出るのね〜。いつも食べてるところはこの花芽の部分みたい。ほんとは花が咲く前に収穫しないといけないらしいけど、土にほとんど埋もれてるのでなかなか気づかない。ちなみに葉っぱってなんかに使えるのかな?あんなに茂ってるけど…

ミョウガを掘り掘りしてると、通りすがりのおばちゃんが、「うちもミョウガ植えてるねん」と寄って来てくれてしばし立ち話。うちは、実は私以外ミョウガを食べないのでできすぎても困るという話をすると、「甘酢漬けにするといいねん」との耳寄り情報。早速作ってみました。

f:id:chisa-yamato:20161016200657j:image

ミョウガをさっと湯がいて、水、砂糖、酢、塩を煮立たせたものに漬けて冷蔵庫へ。半日経って味見してみると、とってもいい具合に浸かってました♪

ミョウガの甘酢漬けは初めて作ったけど、薬味はもちろん、単品でもいい箸休めになって美味しいですね。しばらくハマりそう。

アクリルたわしと自作糸立て

アグネスウエストコートで段数間違い目数間違いしたりしてモチベーションが下がっていた時、ふと台所のスポンジがへたっていたのを思い出し、アクリルたわしでも編んでみようかなと思い立ちました。

アクリル毛糸は、ダイソーで以前買っていたのがあったのでそれを使用。昔、アクリルたわし用の毛糸って言ったら、原色とかパステル系とか多かったですが、今はシックな色合いがたくさん!モノトーンや茶系の台所スポンジは逆に市販ではあまりお目にかかりませんので手作りのしがいがあるというものです。

昔、ドミノ編みのたわしを頂いて使い勝手が良かったので同じものを作ろうかと思ったのですが、前々から試したかったスワッチを編んでみることにしました。

f:id:chisa-yamato:20161009174906j:image

上から時計回りにデイジーステッチ、ブリティッシュステッチ、トリニティステッチです。

特にトリニティステッチ、ブリティッシュステッチの編み地は厚みが出るのでアクリルたわしにぴったりかも!ただ、太め並太のキシキシするアクリル毛糸でこれらを編むのは手が結構大変でした。ブリティッシュステッチは途中で挫折してちっちゃいし(笑)

でも、すぐ出来上がるしちょうどいい気分転換になります。引き上げ編み地とか、ケーブル編みとか試したい編み方はアクリルたわしで作ってみよう。実用的だし一石二鳥。

そして、糸立てを半分自作してみました。

f:id:chisa-yamato:20161009175628j:image

元々、会社で電線を巻き取るために使っていた道具を一個頂き、外側の糸立て(黒の毛糸がかかってるところ)を追加しました。工業糸をよく使うので、コーン巻きの糸を上手く使えるものが欲しかったのです。コーン巻きを立てて使う糸巻きは市販されているのもあるのですが、床に置いて自分も床に座って編むスタイルだと、糸巻きと編み物をしている手の位置との高低差があまりなく、糸を引き出しにくいです。これはコーンを横に倒しているので、高低差がなくても糸が簡単に引き出せます(トイレットペーパーの要領)。

今日は、糸立ての芯を通すための金具がコーナンで品切れで一個しか取り付けられませんでしたが、反対側にも同じものを取り付ければ最大三本のコーン巻き毛糸を引き揃えることが可能!簡単な割になかなか上手く言って個人的にホクホクしてます(*´ω`*)

 

 

アグネス ウエストコート

先日めちゃ斜行する糸の話をしましたが、(斜行する!からの、やっと見つけた落としどころ - やっぱり三日坊主)その糸で編んだアグネスウエストコートが完成しました。

 

f:id:chisa-yamato:20161009170211j:image

Pattern

アグネス ウエストコート『ヘルガ・イサガーのニットワードローブ』より

Ravelry: Amber/ Agnes Waistcoat (アグネス・ウエストコート) pattern by Helga Isager

「◯センチまたは好みの長さ」という指示が多く、逆に難しかったです。パターン中で現在位置の目数などが明記されてないので、先にちゃんと計算しとくべきでした。最後で数が合わず、解くこと数回…すぐに見切り発車するのは良くない癖です。

前後身頃は続けて編みますが、15号針で脇のシームをすべり目で表現するのは目が揃わず難儀しました。しかし、一度洗うと毛糸のおかげで目がそろいホッとしました。ボタンはこれからですが、選ぶのが楽しみ(*´ω`*)

このデザインの特徴はXラインのすっきりした形なので、下はぜひシャツと合わせたいです。ちょい民族衣装風味ですが、定番の白シャツとフレアスカートの組み合わせはなかなかいいのではないかと。

f:id:chisa-yamato:20161009172814j:image

ガウチョやワイドパンツにも合わせてみたいな。

ところで今回段数管理にこんなアプリ使ってみました。

ニット電卓アプリ 配信スタート!|手編みと手芸の情報サイト あむゆーず

今はいろんなニット関係のアプリがあってびっくり!このニット電卓はカウンター機能もありますが、メインは割り出し計算の電卓みたいです!これがあれば、大人デザインのセーターを子供サイズに変えることも可能?夢が膨らむ〜。

 

 

ナガハラ ロッキングクラウンの話

先日、山野楽器でナガハラフルートのロッキングクラウンを試したことに少し触れましたが、ロッキングクラウンってなんでしょう?これはナガハラ独自の作りなんでしょうか。頭部管の先っぽはネジ止めされて外すことができるのですが、それが二つに分かれ、トップとベースという言い方をされています。詳細はこちらへ。

ナガハラフルート:山野楽器直輸入管楽器:本店5Fフルートサロン:銀座本店:山野楽器の店舗情報

ベースは厚みによって種類があり、薄い方からライト→ミディアム→ヘビー→エクストラヘビーというラインナップです。標準ではライトがついてるようです。

さて、私が一番初めにナガハラを吹いたとき、そのロッキングクラウンはヘビーでした。その時のインプレッションを最近思い出し、今のナガハラでぜひ試してみたいと思うようになりました。

実はこの時点で、自分のフルートのクラウンがライトだったことには気づいてませんでした。山野には自分のフルートを持参できなかったので、なんとなく標準ならミディアムがついてるんじゃないかと思い込んでたのです。

そんな状態で、試奏したヘビー。高音は抵抗が若干強いですが、音の密度が濃く、またより遠鳴りするように思いました。さらに、前は気づきませんでしたが、3オクターブのE,Fisの音程が安定することや、音の立ち上がりが早くpの発音が容易であること、など色々メリットを感じました。高音はこれから吹いていけば鳴るようになるでしょう。

次にライトを吹いてみると、これがまた違ってとても良かったのです。ヘビーの後なのでなおさら音が軽快に感じられ、吹いていて楽しくなります。

ミディアムは、まさにその中間。逆に三つの中での個性が感じられず、これは候補外となりました。

この時点で、自分のはミディアムだと思い込んでたので、ヘビーにしろ、ライトにしろ自分のとずいぶん違うなあと感じてました(アホ…)

ここで即決することも頭をよぎりましたが、個体差の大きいハンドメイドフルートはやはり自分の楽器で試さないとわかりません。京都のjeugia で、後日試すことにしました。

いざ帰ってきて自分のクラウンを確認すると、

「え、ライトなの?」

試奏の時、軽快な音で、今のとだいぶ違う!と感じてましたが、結局同じの使ってたの??それがわかると、今までの自分の音がライトの音に聴こえなくもない…なんていい加減、自分の耳!

まあ、でもクラウンを揃えるならライトとヘビーだと思ってたのでちょうど良かったと気持ちを切り替え、ヘビー購入に至りました。

この年末は第九をしますが、ヘビーはまさにうってつけです。後約2ヶ月で慣れないといけませんが、楽しみ。ライトは、アンサンブルやジャズ、オケ曲でも曲を見て使い分けたいです。

気になるお値段は、税込み約33,000円なり。頭部管を変えたくらいの違いを感じられるので、頭部管の代わりと思えば随分お得。しかし、実物をみると、「これでこのお値段かあ…」とも。だって、ちっちゃ…しかも部品なので装飾の類も一切なし(当たり前だけど)。

なお、ブルズアイから、これに似たような「バランスキャップ」というのが出ていました。こちらの方がいろんな金属があり見た目華やか(笑)。お値段もナガハラと比べるとお手頃です。ヤマハ、ムラマツ、ミヤザワ、三響、アルタスに対応してるようですね。

ブルズアイ FLバランスキャップShort GP-タイプM

ブルズアイはフルートスピードを持ってますがこのような類のオプションはより廉価な楽器で威力を発揮するように思います。私の場合、フルートスピードの効果はナガハラよりヤマハの安い楽器の方が抜群にありました。

ただ、こういうものって聴いてる側からするとあってもなくても全然違いが分からなかったりするので、あくまで自己満の世界の話かも。

今回は、ロッキングクラウンが素晴らしいというよりはいかに自分の耳がいい加減で適当で、いかに自分の音をちゃんと聴いてなかったかという話でした。

 

斜行する!からの、やっと見つけた落としどころ

 初めての糸やさんで、シルクウールのスラブネップ糸を買ってみました。今季発売の毛糸だまにあった、Vネックカーディガンを編んでみようと思ったのです。

明るいブラウンにカラフルなネップですが、そこまで主張もせず、程よくカジュアルな感じです。手触りはがさつく感じるものの、カーディガンなのでそこまで気にすることはなく、さっそくスワッチを編んでみたら…

f:id:chisa-yamato:20160921005443j:image

めっちゃ斜行してる!

 

水通しで直るかという望みもあったのですが、全然。全然直りません。メリヤスで編んで、ここまで斜行する糸も初めてでしたが、こちらの糸は基本極細で売られていて、希望の太さに引き揃えてもらうというシステム。この糸は単糸だったので、引き揃えることで余計斜行しちゃったのでしょうか…。このまま強行突破も頭をよぎりましたが、市販の服でもありますよね?たまに天竺生地で、洗濯すると斜行するの。あの、着た時の気持ち悪さを思い出し潔く諦めました。(斜行を生かした生地やデザインもありますが、今回はそうじゃない)

これでメリヤス編みのパターンは対象外となりましたので、手持ちの本からあーでもないこーでもないと物色すること数日。このパターンにやっと落ち着きました。

Ravelry: Amber/ Agnes Waistcoat (アグネス・ウエストコート) pattern by Helga Isager

かつての毛糸倉庫camelさんの福袋に入っていた素材不明の毛混ブラウンと色味がちょうど合って、幸いゲージもうまく出たのでこのままcast onしました。こんな感じ。色味は少し落ち着き、ますます好みです。

 f:id:chisa-yamato:20160921013736j:image

ツイードのメリヤスカーディガンを編む計画が頓挫して残念ですが、このベストも編んでみたかったのでまあ良しとします。メリヤスのカーディガンは絶対編みたいのでまた別の糸でリベンジですね。

ちなみに、一緒に買った、キャッシュメリノウールは柔らかくて、めちゃくちゃ良い糸でした!ダークパープルは思ったよりダークでしたが、これはこれで渋いですので、これとか

f:id:chisa-yamato:20160921011540j:image

これとか

f:id:chisa-yamato:20160921011556j:image

候補にしてます。VネックLOVE!

ベージュやシルバーグレーのボトムス、薄いブルーのジーンズに合わせたいわあ

 

アラン&ガンジーニット

アラン&ガンジーニット

 

 

 

S・M・L・XL KNIT サイズの選べる手編みの本

S・M・L・XL KNIT サイズの選べる手編みの本

 

 糸屋.com  http://itoya-kozaka.com/

アウトレットヤーンのお店で、安いです。糸が番手表示なので、必要量を計算するのにちょっと手間取ります。初め私もわかりませんでしたが、店長さんに色々教えていただけました。勉強になりました!

変わり糸の方が割合多めかな?ストレートのシンプルヤーンが増えたらもっと利用したい!

姉妹店 虹色  毛糸と手編み糸の通販ショップ【糸屋 虹色】

糸屋さんは300gとかの単位なので、100g単位で買えるのはこちらのお店になるそうです。品揃えはほとんど同じみたい。