読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

せっけん生活への道

ひとりごと

今、台所用洗剤、洗濯洗剤、シャンプーがせっけんです。

環境への配慮とか、経皮毒のこととかもあるのですがきっかけは大したポリシーも何もなく…

今、我が家は「グリーンコープ」という生協に入っているのですが、ここでの洗剤(体用含む)全て石鹸しか扱ってないのです。

加入するときに説明されたのですが、その時は「合成洗剤と同じ使い方で簡単だし環境にも体にもいいですよ」と言われてへぇ~そうなんだ、宅配だから重い洗剤類スーパーから持ち帰らなくてよいしね、とほとんど何も考えずに購入してました。

この生協の人の言ったことは半分ほんと、半分嘘だったと思います。

「環境や体によい」という部分は確かに。だってよくよく考えたら頭皮だって体の皮膚の一部なのに、いわゆる市販のシャンプーで頭は洗えて体を洗えないっておかしいと思いませんか?(まさかTSUBAKIやLUXとかで体洗う人いないですよね…)

せっけんシャンプーは頭皮から健康になっていくし、合成界面活性剤が体内に残留する心配もないということで、このメリットがあるからこそせっけん生活を続けようと思っているわけです。

半分嘘なのは「合成洗剤と同じ使いかたでいいですよ」のとこ。

これは違います。シャンプーも台所洗剤も洗濯もちょっとしたコツが必要でした。

今まで合成洗剤になれていた人が石鹸に切替えるとき、いろいろ戸惑う場面があります。

食器洗い→洗ってもなんかぬめぬめする

洗濯→白いせっけんカスが出てくる…

シャンプー→なんじゃこれ!?髪がギシギシのゴワゴワのベタベタに…(最悪)

ここでせっけん使用法を説明するつもりはないので詳細は省略しますが、全てにおいて言えることは「石鹸は良く泡立ててからでないと洗浄力が発揮されない」ということ。生協の人は石鹸を使う上での注意とかコツをちゃんと説明してくれなかったし、私も鵜呑みにしていたため合成洗剤と同じように粉せっけんを洗濯機に放りこんでスイッチオンしていたせいで見事にせっけんカスを大量発生させていました…。

できるだけ多くの人につかってもらいたいのはわかるけど、使用上の注意やコツなんかをはじめにちゃんと伝えた方が、何も知らずにせっけんを使いはじめたのはいいけど今までの仕上りとの違いに愕然→せっけんライフなんてこりごり、なんて人を増やさずにすむと思うのですが。(特にせっけんシャンプーは挫折している人多いみたいです)

さて、私は先週の金曜からせっけんシャンプーを始めてみました。予想通りの最悪な仕上りでしたが、今後どんなふうに髪が変わっていくのかちょっと日記につけていきたいと思ってます。