読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

クレイクレンジング研究中

最近このネタばっか…

地味にハルちゃんのベストも編んでおります、なかなか進まないけど。どうも一つのことにはまると他ができないようで、困ったもんだ。

 

 

さて、現在自分に最適なクレンジングを研究中です。

肌さえきれいになれば、ファンデなしでも大丈夫なはず!ということで肌のお手入れの基本はクレンジングから。

 

いままでファンケルのマイルドクレンジングオイルを使ってましたが、くるくるマッサージすると洗い流した後にぽつぽつができるのです。マイルドでもこんな結果になる私の肌…

それに、「洗い流せるタイプ」のクレンジングオイルに使われている乳化剤は比較的強めの合成界面活性剤がつかわれているようで、クレンジングしているのに肌も荒れがちになってました。

というわけで、手作りコスメを作り出したときに一番作りたかったのはクレンジング剤でした。

で、また自分の顔を実験台にしていろいろと試したわけです。

 

 

■その1 日本薬局方「オリブ油」でクレンジング

これを数滴手のひらに落とし、くるくるとマッサージ。

結果は、効果がよくわからない上、顔がぎとぎとに。洗い流せないので拭き取った後石けん洗顔するのですが、ここで油を落とそうとがんばったため肌が突っ張ってしまいました。失敗。

 

■その2 クレイ+オリブ油でクレンジング

某ブログで紹介されていた方法を実践。ガスールなどのクレイにオリブ油を数滴垂らし混ぜ合わせて顔にぬりぬり。

クレイと油が上手に混ざってくれないので苦労します。そしてやっぱり洗い流せません。

これも私には失敗。

 

■その3 洗い流せるオイルクレンジング Ver1

メイクや汚れを落とすのはやっぱりオイルが一番、でもやっぱり洗い流せた方が断然楽…。というのでいろいろ調べてみました。

石けんを乳化剤として使うクレンジングのレシピがあったので早速実験。

上2つよりレシピがすこし複雑に。

 

手作り石けん 20g

熱湯 50㏄

クレイ(イエローカオリン) 小さじ1

スイートアーモンドオイル  45g

ホホバオイル 20g

精油 6滴

GSE 3滴ほど

 

石けんを細かく刻むかスライサーですり下ろし、クレイと混ぜる。それに熱湯をかける。すぐには溶けないのでしばらく放置。

完全に溶けたら、オイルと混ぜる。さめたら精油を入れる。

 

これはねー、かなりよかったですよ。三日連続で使ったら肌がつるつるになってきた感じがしました。

反省点は、石けんをオリーブオイルの石けんにしたこと。少し経ったらなんかくさくなってきました。あと、オイルがなかったのでスイートアーモンドにしましたが、グレープシードオイルの方がもしかしたらさっぱり洗い上がるかもしれません。

 

■その4 洗い流せるオイルクレンジングVer2&3

Ver1がよかったので、さらに使用感をよくしたいとまた欲張ってしまいました。

肌へのあたりは大変よかったのですが、もう少し粘度があった方が使いやすいな…と考えていました。でもキサンタンガムなどの増粘剤を使うのは気が進まなくていろいろ悩んでいたところ、ベントナイトというクレイが家にあったのを思い出しました。

このクレイは水分を含むと膨張してジェル状になります。この性質を生かせばガムを使わなくてもいけるのではないかと、早速実験開始。

 

結果、水を含みすぎてふわふわクリームみたいになっちまいました。肌への効果もVer1と比べるとあまりよくなく、クレイのすべてをベントナイトに置き換えたのは失敗のようです。ただ、このジェル感は捨てがたく、次はほかのクレイと併せて実験してみたい所です。

 

さて、ベントナイト自身にも乳化作用があるということも知り、じゃあ石けんいらないんじゃないかと思ってベントナイト&オイルだけのクレンジングも試しに作ってみました。

が、こちらはやっぱり水で洗い流しただけではぎとぎと感が残ってしまい、あえなく挫折。残りをVer.2に混ぜちゃいました。

 

 

オイルはメイクを浮き上がらせてくれますが、肌に残ったままだとこれまた角栓や毛穴の黒ずみの原因になってしまうのでしっかりすすぐことが必要ですね。それに手作りクレンジングではやはりばっちりメイクは落とせないと思うので、この程度のクレンジングでも落ちる程度の化粧を心がけることが必要なのかな~とおもいます。