読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

念願のNagahara

音楽
 やー、ついにフルートを買い換えました。

23歳、初の冬のボーナスでボーナス払いで買った、今は亡きMiyazawaのWien StageⅢ。
当時はこのカーンと、抜けるような響きに惚れ、さらに特別仕様としての9Kリッププレートにも惹かれて買った憧れの総銀フルート。

それから1○年がたち、オケにも参加するようになってその「カーン」と抜けるような鳴り方に少し物足りなさを感じたのが2年ほど前。さらに、もっと遠鳴りするような響きを求めてフルート選びに本気になりだしました。

ほんと、いろんなフルートを試奏させてもらいました。その中で店員さんが「Nagaharaっていうフルートがあるんですけど」といって持ってきてくれたのが運命の出会いでした。

でも、そのフルートにはEメカがついておらず、フルートをまじめに再開して間もない私にはそのEメカなしのフルートでちゃんとEを鳴らすことができず、その時点で購入の踏ん切りがつきませんでした。
そして、お値段も当初私が考えていた予算の1.5倍はしたのです。そりゃ買えんわ。

それから、2年。そのお店がEメカつきのNagaharaを発注するということで待っていたのですがついに。※
本来のEメカではないですが、キーをドーナツ状のプレートでふさぎ音孔を絞ることでEメカと同じような効果を持たせる仕様になっており、こちらの方が価格的にかなりお得でした(あくまで、普通のEメカオプションと比べてですよ…)
今回はFlute Masters 925seam, 970seam, Nagaharaの14金/18金ナガハラライザーで試奏しましたが、イッパツでNagahara18金ナガハラライザーに心を奪われてしまいました。

2年も待ったおかげか、お店もかなり良心的に勉強してくれました。
今回の買い替えで生涯最後のフルートになると思って一生懸命探したし、待ちましたしょぼん感動です。
あんまりうれしいので、記念に写真をUPしときます。

 足部管にNagaharaのマーク!

















 C管→H管に変更。
 長いし重い!でも高音の音程が
 安定するという。


あ~Wien Stageも写真にとっときゃよかった。初めてのなけなしのボーナスで買った、そして今までがんばってくれたかわいい子でした。

まずフルートを買い換えようと思った理由について書いておこうと思います。
フルートをまじめに再開すると決めて、そしてオケにも復帰するようになって、だんだんと今のフルートが物足りなくなってきました。そして欠点もなぜか目に付くようになってきました。
・音程(特に高音、Cis)が悪い
・音色が抜けすぎている、吹いていると鳴っていると感じるのに遠くに飛んでいない
 (これは当時の私が練習しなさすぎだったのもあると思うのですが

で、いろいろと調べ始めたのです。
次のフルートに私が求めたのは
・音程がよい
・遠鳴りするけど、音色が落ち着いていること
・総銀、頭部管はできたらライザーorリッププレートまで金のもの
・Eメカつき(賛否はいろいろありますが、私の場合、自分の用途に照らし合わせたときに絶対あった方がいいと考えました)
でした。

次から、2年前にさかのぼっていろいろな楽器の感想を記録していきます。
JUGEMテーマ:音楽