やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

試奏しまくったよ~フルートマスターズ編~


前の記事にあるとおり、店主に薦められるままフルートマスターズを吹いてみた私。「あれ、これいいかも?」と思えた。サクライの後だからなおさら(笑)

■低音とキィの造作がすばらしいフルートマスターズ
何より驚いたのが、この練習不足全開の私が初めて吹いたにもかかわらず、低音がビンビン(ブンブン?)鳴ったこと。そしてとても深い音色だった。高音は、当時の私の練習不足を差し引いたとしても、抵抗のある方ではないでしょうか。しかし、ずうずうしく1時間ほど吹き続けるうちにだんだん高音も出てきました。
この時点で、フルートマスターズは私の中でかなりのヒット!になったのです。
ただ、一目ぼれして「今すぐこれください!」とまではいたりませんでした。フルートマスターズは全国の楽器店でも取り寄せて試奏できるようでしたし、お店が用意していたもの以外にもいろいろとラインナップがあるようだったので、これは頭の中においといてお店を後にしました。

結局埼玉まで行って得たもの:
・サクライは鳴らせなかったと言う事実
・フルートマスターズという楽器を知ることができた

…新幹線代の元を取ったと思いたい(笑)
まぁ、実際最後まで候補に残ったのはフルートマスターズだったのです。

***フルートマスターズ感想***
・低音の響きがすばらしい。たいして中音、高音は鳴らしやすいというわけではないが、試奏の段階で、吹き込んでいけば鳴るだろうと思えた。
・キィの造作は数あるフルートメーカーの中でも1,2ではないか。ブリディアルキー、右手小指の涙型のキィなど、見てて本当に美しいだけでなく、操作性も私にとってよかった。キィカップも心なしか丸みを帯びているように思う。ナガハラより、フルートマスターズの方が好きだと私が断言できるのは、間違いなくこの点。
・音量はけして出るほうではない。かといって、オケで通用しないかというとそれは奏者しだいではないかという気がする。どれだけ響かせられるか、ということになるのかな?
・音色はカーンと、抜けるような音色でないと思う。私が探していた方向の、落ち着いた音色だった。

http://www.flute-masters.com/
JUGEMテーマ:音楽