読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

試奏しまくったよ ~ナガハラ編その2 完結~

音楽
さて、入荷の連絡がくるまではおとなしくしようと思い当分楽器店をうろうろすることはなくなりました。
2011年、琵琶湖でのフルートコンベンションに参加し、そこで山野楽器のブースにあったナガハラがEメカつきだったので試してみましたが、あのいろんな人がピープーしている場所では感想も何もありません。
ただ、お値段189万○○…というだけがやたら目に付き、去年私が店に相談していた値段とえらいちがうけど、大丈夫なんかな…とやたら不安になっておりました。

今調べると、この2年間の間にナガハラ値上げされているんですね。しかもEメカオプションって12万くらいのアップになるみたいです。かなり高い!!

さて、いよいよ待ちに待った連絡がきてお店に向かった私。実は通常のEメカ装備した、楽器店が発注した楽器がまだできてなくて、何とかならないかということで問い合わせところ、簡易Eメカ(キィにドーナツ型のカバーをつけて音孔を絞ってある)つきのものなら用意できるとのことでした。通常Eメカじゃないのは残念ですが、オプション価格を知ってしまった後ではプラス1万程度のこちらの方がいいのかも、と思い直し、試奏してみます。

やっぱりいいです!今回heavyタイプのロッキングクラウンはついていませんが、頭部管が18金ナガハラライザー・タイプDDAのものと14金・タイプDのものが用意されていました。
タイプは歌口の形でDDAのほうが若干歌口が狭くなっています。Dは四角という感じです。
鳴らしやすさはDでしたが、音のまとまりのよさ、高音の響きなどで私はDDAが気に入りました。この違いはライザーの材質の違いというよりも歌口のカットの違いな気もしますが、とにかく、この頭部管との組み合わせがぴったり来ました。

そして、あわせて試奏したFMCの950Seam、925Seamでしたが、なぜか今回ぴんと来ませんでした。何ででしょう…??
何が悪いということでは決してありませんでした。低音も最初のインプレッションどおりです。うーん、高音の響きかな…あきらかにNagaharaの方がよく響いてくれた感じがします。しかし、キィは何度みても美しい。

予算は値上げや頭部管のグレードアップも手伝って当初より上がってしまいましたが、下取りをがんばってもらって何とか自分のお金で買うことができました。
実は、だんなに「ナガハラ値上げしてるみたいやし、自分のお金だけで買われへんかも…」って言ったところ、「一生もんって思ってかうんやろ。200万以上するんならうちのキャパ超えてるから無理やけど、10万程度やったら家計から貸せる」ということだったので、それもあてにしての買い物でした。
でも、最終的に自分の中で収まってよかった。

***ナガハラフルート***
・今回の試奏で一番気に入ったのはpp~ffまでの音の幅を楽に出せること。
・音がまとまって遠くに響く
・単に華やかなだけでない、品のあるというのかな?音色が魅力的だった。

***フルートマスターズ***
・ナガハラを知らなかったらこのフルートに決めていただろう。
・しかし、2本目に欲しいかというとそうではないかもしれない。アキヤマくらい方向性が反対だったら2本目に欲しいと思うのだけれど。

さぁ、後は練習あるのみです!これから練習に行ってきます

JUGEMテーマ:音楽