読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

定期演奏会無事終了 と アンサンブル大会

先日、所属するオーケストラの本番が無事終了しました。

今回のメインはビゼー交響曲1番でしたが、私は今回トップではなかったので気持ちとしてはずいぶん楽でした。(サブのエグモント、水上の音楽はトップでした)

エグモントは初め「またベートーベンかぁ(前回第九をやったのでね)」と全くやる気がでませんでしたが、練習を進めるうちにどうしてどうして、序曲とは言え、劇の世界観を凝縮して表すような音楽の世界に引き込まれました。やっぱりなんだかんだ言って、私ベートーベン好きなんですよねー。さすがに次回は休憩したいけど。

初めの低音部、暗い主題から木管~弦の、光を感じさせるような柔らかい旋律、そこからの怒涛の第2主題、とても吹き応えのある曲でしたよ!

水上の音楽(ハーティ版)は全くノーマークでしたが、まさかのAndanteの冒頭、フルートのどソロがありました。

ここはフルートでも音量がなかなか出にくい低~中音域のソロなので、弦との音量のバランスに非常に苦労しました。

水上と言えば6曲目Allegro deciso(トランペットとホルンが活躍する)が有名ですが、このAndanteも非常に憂いのある、美しいメロディーです。また、その前のHorn pipeもピッコロと木管の掛け合いが楽しい、とてもかわいらしい曲なのです。ぜひ聴いてみて下さい。

♪ 水上の音楽(ハーティ編曲版) HWV348-349 - YouTube

 

さてさて、今回の演奏会と並行して有志で着々と進めているプロジェクトがありまして、アンサンブル大会を夏にすることになりましたー。

うちのオケは一応弦5部に木管一通り、金管もトランペット・ホルンの人数がそれなりに揃っているので、降り番がたくさんでるバロック音楽や小編成の曲ってほとんど演奏会ではとりあげることができなんですね。

そういう、諸々の事情であきらめていたあんな曲やこんな曲をやろうではないか!という企画です。

私は、管弦組曲第2番(J.S.Bach)、木管五重奏(P.Taffernel)、Spain(Chick Corea)、Libertango(A.Piazzolla)に出る予定です。

管弦組曲も、Spain,Libertangoも大好きな曲です。が、む、難しい…!!

まだ少し時間があるので個人練習に励みます。

♪ Stevie Wonder - Spain - Live, London 2008 - YouTube

それぞれのソロがもう、かっこよすぎて!

♪ 'Spain" featuring Elias Tona & Jose Valentino (Bass & Flute Duo) - YouTube

フルート、すごい!カホンたたいてフルートって…ここまで吹けたら本当楽しいだろうなぁ~

♪ A.Piazzolla - Libertango for flute & guitar - YouTube

譜面に忠実に吹いているように聴こえますが、ギターもフルートも情熱を感じられて好きです。

♪ Karl Richter, Bach Orchestral Suites BWV 1066-1069 - YouTube

名盤ですね。フルートはニコレ、序曲の風格がすばらしい。

ちなみに、ジャズ&ラテンでは最近発掘し(てしまっ)た、初代フルートを使おうと思います。

f:id:chisa-yamato:20150521101233j:plain キィがみ、みどり…