読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

Novelette 木管5重奏

音楽

プーランクは、フルートでいえばソナタくらいしか思い浮かびませんでしたが、去年12月の慰問演奏で木5やろーよーとなり、メンバーの一人がこの、プーランクの「ノヴェレッテ」を持ってきてくれました。

元々はピアノ3部曲のような構成ですが、その1曲目が木5用に編曲されているものです。
この度、また春に別のところで慰問演奏をすることになり、今回は(も)練習時間がないので、この以前やったプーランクをやろうとなって改めて動画を漁って聴いてみたのですが…

めちゃくちゃいいやん、この曲!

実は、去年12月はぜんぜんこの曲のこといいと思ってなかったんです…譜面的には難しくはなく、さらっと練習して合わせてしまいましたが、あぁ、なんてもったいないことを!!
とにかく、美しいメロディーです(なのになんで12月の時点で気づかない…)。そしてオリジナルのピアノ版ももちろんよいのですが、木管5重奏に編曲して大変成功した曲のひとつではないかと思います。木管の暖かい響きがこのメロディーにとっても合うのです。
あー、このままお蔵入りにならず、また演奏できるチャンスがあってよかった!次はもっと木5のハーモニーを完成させることを目標に、まじめに取り組みたいと思います。(ってまた一人で熱くなって…て思われてそうです、メンバーにも熱いメールを送ってしまったし…)

そういえば、本や映画などでもありますよね、子供の頃ぜんぜん響かなかったものが大人になって心にぐっと来るような…その本やら映画やら音楽やらとの出会いは一回ぽっきり、ということもあるのですから、再び出会えてその良さを感じることができたということは奇跡かもしれないなぁ…なんて大げさに思ったこの数日でした。

恋は野の鳥

恋は野の鳥

 

 amazon で探したのですが、ノヴェレッテの木管5重奏ってあんまりCDないのですかね。このCDちょっと気になります。

余談ですが、このノヴェレッテの2曲目、3曲目はこの1曲目とガラッと変わります。2曲目は、はじめ聴いたとき「ジャズ?」って思ってしまいました。とても面白いです。