読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

ナガハラ ロッキングクラウンの話

先日、山野楽器でナガハラフルートのロッキングクラウンを試したことに少し触れましたが、ロッキングクラウンってなんでしょう?これはナガハラ独自の作りなんでしょうか。頭部管の先っぽはネジ止めされて外すことができるのですが、それが二つに分かれ、トップとベースという言い方をされています。詳細はこちらへ。

ナガハラフルート:山野楽器直輸入管楽器:本店5Fフルートサロン:銀座本店:山野楽器の店舗情報

ベースは厚みによって種類があり、薄い方からライト→ミディアム→ヘビー→エクストラヘビーというラインナップです。標準ではライトがついてるようです。

さて、私が一番初めにナガハラを吹いたとき、そのロッキングクラウンはヘビーでした。その時のインプレッションを最近思い出し、今のナガハラでぜひ試してみたいと思うようになりました。

実はこの時点で、自分のフルートのクラウンがライトだったことには気づいてませんでした。山野には自分のフルートを持参できなかったので、なんとなく標準ならミディアムがついてるんじゃないかと思い込んでたのです。

そんな状態で、試奏したヘビー。高音は抵抗が若干強いですが、音の密度が濃く、またより遠鳴りするように思いました。さらに、前は気づきませんでしたが、3オクターブのE,Fisの音程が安定することや、音の立ち上がりが早くpの発音が容易であること、など色々メリットを感じました。高音はこれから吹いていけば鳴るようになるでしょう。

次にライトを吹いてみると、これがまた違ってとても良かったのです。ヘビーの後なのでなおさら音が軽快に感じられ、吹いていて楽しくなります。

ミディアムは、まさにその中間。逆に三つの中での個性が感じられず、これは候補外となりました。

この時点で、自分のはミディアムだと思い込んでたので、ヘビーにしろ、ライトにしろ自分のとずいぶん違うなあと感じてました(アホ…)

ここで即決することも頭をよぎりましたが、個体差の大きいハンドメイドフルートはやはり自分の楽器で試さないとわかりません。京都のjeugia で、後日試すことにしました。

いざ帰ってきて自分のクラウンを確認すると、

「え、ライトなの?」

試奏の時、軽快な音で、今のとだいぶ違う!と感じてましたが、結局同じの使ってたの??それがわかると、今までの自分の音がライトの音に聴こえなくもない…なんていい加減、自分の耳!

まあ、でもクラウンを揃えるならライトとヘビーだと思ってたのでちょうど良かったと気持ちを切り替え、ヘビー購入に至りました。

この年末は第九をしますが、ヘビーはまさにうってつけです。後約2ヶ月で慣れないといけませんが、楽しみ。ライトは、アンサンブルやジャズ、オケ曲でも曲を見て使い分けたいです。

気になるお値段は、税込み約33,000円なり。頭部管を変えたくらいの違いを感じられるので、頭部管の代わりと思えば随分お得。しかし、実物をみると、「これでこのお値段かあ…」とも。だって、ちっちゃ…しかも部品なので装飾の類も一切なし(当たり前だけど)。

なお、ブルズアイから、これに似たような「バランスキャップ」というのが出ていました。こちらの方がいろんな金属があり見た目華やか(笑)。お値段もナガハラと比べるとお手頃です。ヤマハ、ムラマツ、ミヤザワ、三響、アルタスに対応してるようですね。

ブルズアイ FLバランスキャップShort GP-タイプM

ブルズアイはフルートスピードを持ってますがこのような類のオプションはより廉価な楽器で威力を発揮するように思います。私の場合、フルートスピードの効果はナガハラよりヤマハの安い楽器の方が抜群にありました。

ただ、こういうものって聴いてる側からするとあってもなくても全然違いが分からなかったりするので、あくまで自己満の世界の話かも。

今回は、ロッキングクラウンが素晴らしいというよりはいかに自分の耳がいい加減で適当で、いかに自分の音をちゃんと聴いてなかったかという話でした。