やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

第九演奏会その2

今回はさらにロビーコンサートにも出ました。当初モーツァルトのフルート四重奏のみでしたが、時間があまりすぎるとのことで急遽木5もすることに。正直、第九の前に二曲こなすのは気が進みませんでしたが、木5は簡単な曲にしてもらいました。

モーツァルトフルート四重奏第3番。初め1番を打診されましたが、第九前にトンデモナイ!私は4番が良かったんですが、大人しすぎるんじゃない?と却下され、1番と雰囲気の似てる3番に。

リハではなかなかうまくいったのですが、本番はちゃんと曲に集中せずなんとなく始めてしまい、初回のトリルでちと失敗しました。ロビコンは舞台と違ってざわついてるので、意外と曲に集中するのが難しいんだとわかりました。繰り返しの後は曲に乗れて、うまく進められた…かな?16分音符が滑りがちになってしまうのは、常にリズムを感じてないからなのかなあ?課題です。モーツァルトは、簡単なようでやっぱり難しいです!

木5はハイドンディベルティメントとプーランクノベレッテ。

ディベルティメント、ちょっと速すぎでした^_^; リハからなんとなくそんな予感がしてましたが…危ない危ない。個人的な好みでいうともうちょっと遅いテンポが好きですが、走り出したら止まらない笑。

ノベレッテはよい曲ですね。メンバーともいってましたが、何度やっても飽きない。個人的にはもう少し低音をしっかり鳴らしたかったです。第一オクターブのCがでて来ます。シンコペの部分は、天井の高いロビーでもはっきりリズムが分かるよう、硬めに吹いてみました。どんな雰囲気で吹きたいか、話し合って決めていくので思うような流れが5人で作れていると思います。またどこかでやりたいです。

次回は私はメイン(シベリウス2番)はアシなので気楽です!むしろ、ロビコンに力を注ぐかも^ ^