やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

定期演奏会の話

昨日、終わりました。今回、私はサブ、サブメインのトップのみだったのでいつもよりは気楽。とは言え、ピアコンがあるのでそれが終わるまでは全く気を抜けません。

…にしても、弦、トラさん入ると音全然変わってびっくりする…(^^;) 音量もめちゃでかくなるのでこちらもしっかり吹かないといけません。

ロビコンは、前回他所で披露の曲と新曲やりましたが、なかなか評判がよく、やった甲斐がありました。アンケートによると、エルザに反応してくれたお客様もいて、私の狙い通りでございます。あれ、吹奏楽経験者はおや?って思うよね。オケの人は知らないんやけど。しかも木5編成はなかなか珍しいよ。ワーグナーつながりで決めた後で、雰囲気の全く違うダンスの曲を。今回はリズムが体に入って楽しく演奏できました。

いよいよ本編。マイスタージンガーは中間部分の木管アンサンブルの低音パートがどうしても走ってしまうのだけど、直前までしつこく練習して本番はなんとか乗り切りました。

ピアコンは、自分的には前日リハがピークだったなという少し残念なところはありましたが、リハの時課題だったFisの音色はクリアできたかな。Eが少し高かったなあ〜。2楽章、入りを遅れるまいと意識しましたが、一箇所ピアノとずれました。途中の掛け合いは幸せな時間でした。゚(゚´ω`゚)゚。 

シベリウスはアシだったのですが、先週から色々とサポートに入ったおかげで自分がどこを吹けばいいのかわからない状態。入りが危ういところ、おなじ音形の繰り返しで知らず知らず遅れてくる箇所、低音で響きにくい箇所を中心にサポートしてました。とは言え何と言っても弦の力で良く聞こえてたと思います。あと、トランペットはなかなか練習に参加できなかった中できれいに音が伸びてました。シベリウスも、やっぱり金管が鳴らないと始まらない曲だよなあ。

さあ、しばらくオケは休み。エチュードプーランクに、ストイックに臨みたいと思います。