やっぱり三日坊主

やっぱり三日坊主

フルート、あみもの、ときどき山登り。

春夏服、振り返りと反省

ひさびさにフルート以外の話。古本屋で、いわゆる「ミニマリスト」さんのコーディネート本を手に取ったら、久々に服へらそ〜って思いました^^; 増えたのは…

  • 演奏会・コンクール用のトップス(黒、ネイビー、ラベンダー、ダークグリーン
  • 盛夏用の茶色ワイドパンツ1枚、紺のガウチョ1枚、オリーブ色のテーパードパンツ
  • イタルスタイルのオーダーシャツ
  • VネックTシャツ3枚(ベージュ、白、ネイビー)
  • ユニクロドレープVネックブラウス

去年の春まではそれほど手持ち服を増やさなかったのですが、演奏会やコンクール用のトップスがなかなかピンとこなくてあれこれ手を出してしまいました。どんだけ買ってんだ… 後は、猛暑でしたのでユニクロのシガレットジーンズでは過ごすことが出来ず、ワイドとガウチョパンツを2枚。これは致し方ないでしょう… イタルのシャツは、春に白シャツを作って気に入ったので、以前持ってて大活躍した大人めギンガムのシャツ生地でオーダーを。

トップス。Tシャツ類は去年と入れ替え。ラベンダーのトップスはコンクール用に買いましたが、やっぱりダークカラーがいいと思い、普段用になりました。カーディガンは白が一番合わせやすくていいですね。 イタルのチェックシャツは日焼け防止にも最適。秋冬も組み合わせ次第でいけると思うのでこれからもたくさん着ます。 白のチュニックは薄手のローンで、中の服を選びますが真夏に最適。23区のもので、古着屋で見つけました。私は2年目位ですが、もっと経ってるのかな?色と形のおかげかそう古臭くは見えません。黄ばみが取れなくなって来たら処分になると思います。

ボトムス。とにかく涼しさ一番!GUのカットソーワイドパンツはとにかくサラサラで涼しかった。前ウエストに芯が入ってなくフニャフニャになるが、まあ値段なりか。 新しく買ったHuman Womanの紺ガウチョは、生地が少し厚めで重かったので真夏は無理か?と思ったけれど、サラッとした生地とガウチョという形で着回せました。これは生地がしっかりしてるので秋冬もいけるとこまでタイツ履いて着ます。 オリーブのテーパードパンツは、冷感生地とか書いてましたがあんまりわかりませんでした。でも、これもサラッと生地、適度なゆとり、プルオンタイプで楽に履けるという事でジーンズの代わりになりました。 ベージュのワイドパンツも涼しかったですが、これもかれこれ4,5年目。ユニクロですし、色あせが目立ってきたので本当は今年処分のつもりでしたが…来年は手放そう。 モカガウチョは生地はいけるのですが、色味が夏向きではないというか、、これは春秋です。茶系はあっさりベージュか、キャメル、こげ茶が夏向きな感じがします。

概ね、買った服はちゃんと着回せてよかったですが、もうすこし点数を減らして制服化すべきだったなあ。暑いのもありましたが、なかなか来ていく服が決まりませんでした。

次は秋冬ファッション関連購入計画。この計画が楽しいんよな。

【番外編:演奏会、コンクール用】

懺悔として。なかなかいいのにめぐり合いません。下は黒のテロテロ系ゴムパンツか、ゴムの黒ロングスカートに決まってますので丈感が大事。それ以上に、肩周りが窮屈でなく、首回りも開いてる事が大事です。 紺のスクエアネックのブラウスが上記の条件をクリアしてるのですが、黒が売ってなかった…orz なのでオケの演奏会では着れません。うーん、ずっと理想のトップスを探し回ってます。